出向は誰にでも訪れる可能性がある

出向と聞くと会社でミスをしてしまったばかりに左遷させられて飛ばされてしまうという悪いイメージが付きまとっています。
しかし現実の出向はイメージの出向とは異なっており、それほどマイナスなことではなくまた誰にでも訪れる可能性があるものだといえます。
そもそもなぜ出向が発生するかというと会社の業績によって人員整理したりする必要性が発生する為と言えます。
そして人物ごとに出向させられるのではなく、不採算や業績が悪化する可能性ある部門ごとに行われるのが一般的とされています。
つまりミスをしたり無能だから出向させられるのではなく、部門ごとに人員整理の一環として行われるので優秀な人でも出向させられます。

出向というと子会社や関連会社に天下りのような形で行くことが多いのですが、元の会社の課長や部長など肩書付きで出向する人も多く存在しています。
これは何故かというと元の会社の業績が回復した場合に、直ぐに即戦力要因として人員確保するために必要な処置なのです。
つまり出向=左遷ではなく本社の業績回復のため一時的な人件費削減の避難措置として講じられることが多いということなのです。
ですので出向は優秀であろうが誰にでも訪れ可能性のあるものだと認識しておくといいでしょう。