ゴルフ場へ行く人は知っている「ハルピンキャベツ」とは?

ハルピンキャベツ」と聞くと、ゴルフをする人にはわかる人が多いと思います。ゴルフ場ではよく見かける「キャベツのお漬物」のことを言います。一度食べたらハマる人が多く、ハルピンキャベツを食べに行くだけにゴルフ場へ行くという人もいるくらいです。

ハルピンキャベツは、今から30年以上前に作られました。今のような味ではなく、にんにくと唐辛子、醤油を使用して、酸味の効いた中華風の味付けでした。それ少し改良されて今のような不思議で魅力的な味付けのハルピンキャベツになりました。

ゴルフ場によってハルピンキャベツの味が違い、そのゴルフ場での独自のハルピンキャベツを食すことができます。そのため、ハルピンキャベツのためだけにゴルフ場へ行くという人もいるのです。

ハルピンキャベツの作り方は至って簡単です。キャベツ1/2個を縦4等分に切ります。そして、そのキャベツに塩、おろしにんにく、赤唐辛子をよくすり込みます。すり込んだキャベツをボウルに移し、上から軽くラップをかけてもいいですし、密封袋に入れても構いません。その上から重しを載せます。そのままの状態で2時間程度置いておくと、ハルピンキャベツの完成です。

ぜひ、自家製のハルピンキャベツを創作して作ってみてください。