宇宙について考えると、次から次へとイメージが膨らむ

いきなりですけど、宇宙って不思議ですよね。何より不思議なのが、宇宙すらない、完全に「無」の状態があったかもしれない、ということです。私のような凡人からすると、は?って感じですが・・。で、無の状態から、何かしらの突然変異が起こり、宇宙ができ、そこからまた、何かしらの突然変異で、地球のような惑星ができ、そのなかで、これまた何かしらの突然変異によって生命が誕生し・・。

こんな感じで、宇宙について空想していくと、きりがありません。そうそう、それと、宇宙にあるといわれている、ブラックホール。これもまた、不思議ですよね。すべてを飲み込む黒い穴。こんなものが、宇宙にあるとすると、怖すぎないですか?というか、どうしてそんなものがあると、わかるんですかね。いやあ、不思議で仕方ありません。とまあ、地球人のほとんどが、宇宙について、漠然とした知識しかないと思われますが、もしかすると、宇宙にはすでに、私たちの科学文明をはるかに超えた惑星があるかもしれず、監視されているのかもしれませんね。例えば、アマゾンの奥地などには、原住民族がいますが、彼らだって、日本とかアメリカとか、そんな外国のことは知りませんよね。そこで、スマホが使われ、パソコンが使われ、車に乗り・・、と、こんな生活を送っているとは夢にも思っていないはずです。それと同じで、私たち地球人も、知らないだけで、すでに宇宙の原理を解明した知的生命体が存在するのかもしれません