チタンコーティングとは何なのか?

チタンコーティングは硬度もHv2300と硬く、耐磨耗性、耐蝕性に優れていて摩耗し辛く、錆び難い為、品質の向上に貢献する事が出来ます。チタンは自然界で大変多々ある成分でわりと安価な物質でPVDコーティングの中でも大変低費用なコーティングです。色が金色である事から装飾品に使われる事もあります。耐酸化性も一定の600℃以下となります。。

またチタンは切削工具、機械部品、プラスチック成型、スポーツ用品、装飾品などのコーティング用法です。特に切削工具ではもっともよく見るコーティングで、刃のところに独特の黄金色がついているものはおおかたがこのTiN窒化チタンの膜です。最高使用温度は俗に600℃までとされます。平滑性に優れており面粗度を肝心とする冷間成形用金型や鏡面金型などにも適しております。高硬度、高密着力と硬く密着性の高い優れたコーティングをできますしコーティングとしては硬度は2000前後?2300程度まで出る事が知られています。

TiNは耐摩耗性や耐食性を付与するコーティングとしてよく知られており剛性に優れた膜でありますが、他の窒化膜のなかでは少々耐食性は弱い面を持ちます。そのためチタンコーティングはメリットデメリットを併せ持ったコーティングとなります。