東京は人の多さと整然さエリートの町というイメージ

tokyo33時々テレビで見てはいましたが、気になっていたのは東京の渋谷の交差点です。いつか見てみたいと思っていたのですが、どれほど人が多いのか、そして信号が変わるたびに一斉に全方向から人が歩き出してぶつかることもなくお互いがうまくかわしていく、その体験をしてみたくて東京の渋谷に行ってみました。渋谷の駅の中や外ではカメラマンらしき人たちや、外国人観光客がカメラを手にして待ち構えていて、その人の波の決定的なシャッターチャンスをカメラの中に収めようとしている姿がありました。実際に自分が歩いてみると、想像していた以上の興奮はなく、わりと自然で普通に渡ることができてしまいました。

とはいえ、東京は本当に人が多くてその数に圧倒されています。さずがに大都市といわれるだけのことはありますし、世界一の人口密度ともいわれているのかもしれません。鉄道は恐ろしいほどに張り巡らされていて、どこがどの線なのか初めてくるとわからなくなってしまいます。とはいえ電車の中は人でいっぱいなのに静かでしーんとしていますし、整然としていてなんだか完成された町のような印象を受けました。すべてが新しく、東京の人たちは皆がエリートのように見えてしまいました。