車の修理をする度に思う保険の大切さ

car-repair-05田舎ということもあり、通勤や買い物に車が必須となっています。そのため、免許取得後ずっと車を乗り続けています。ずっと乗り続けている中で、車の修理も何度か経験してきました。事故による破損のための大きな修理から、不具合によるちょっとした修理まで、いろいろありました。
事故の時は、車同士の接触事故だったため、保険の負担額の割り振りなど双方の話し合いが必要でした。加入している保険会社へ連絡すると、担当者の方がすべて相手方との話合いや手続きをしてくれたので、私自身はほとんど何もせずに済みました。自分の車の修理費の方も、保険で行えたので助かりました。
この他、不具合による修理も経験しました。10年も乗り続けていると、何かと問題が起きてきました。

バッテリーが原因でエンジンがかかりにくくなったり、パワーウィンドが壊れて窓が開かなくなったりしました。そういった時には、その都度、車を購入したディーラーへ持っていって修理してもらいました。1日で直る時もあれば、しばらくの時間がかかる時もありました。修理に時間がかかる時は、代車で過ごしていました。こういった、不具合による車の修理費も保険を利用することができました。
車を修理する度に、保険に入っていてよかったと思います。