飲みたい、でも長居したくない、そんな時はバルを便利

bar05独りだけど会社帰りにサクッと飲んで帰りたい、同僚に飲みに誘われたけど疲れているから長居はしたくない、こんな状況ってよくありますよね。そんな時に私が利用するのはバルです。それも本格的なヨーロッパスタイルの立ち飲みとカウンタースツール席が混在したお店です。
そもそも日本の居酒屋って居心地が良すぎると思います。掘りごたつタイプの席なんか用意された暁には、飲むほどに腰が重くなり動きたくなくなります。だから長居してしまい、深酒になる可能性があるのです。
その点バルは、独りでも気軽にお酒を楽しめ、場合によっては他のお一人様と意気投合し、新たな友人を作ることができます。

バルは立ち飲みスタイルのところも多いですし、スツールの場合でもそれ程座り心地は良くないので長居する要素が減ります。その代わりバルでの飲みはとても距離感が近い。どことなく温かみのある雰囲気で、飲んでいる人皆が笑っていることが多いです。真剣な話をする場所として、普通バルは選びませんからね。小さなテーブルを囲んで飲んだり食べたりするので、必然的に距離が近くなり、周りの雰囲気も相まって心が開かれるのだと思います。お酒や料理も良心的な値段設定のお店が多く、軽飲みにピッタリです。
少し苦手な相手と飲みに行く場合でもバルの利用はおススメです。客の回転率が高いバルなら、早く切り上げても違和感がないですからね。