バルに行ったらピンチョスは欠かせませんね

bar105ちょっと小腹が減ってお酒とともに楽しみたいなんて時に利用できるのがバルの良いところなんじゃないかと思うんですが、そこで提供される料理で忘れてはならないのがピンチョスでしょうね。このピンチョスっていうのはいわゆるフィンガーフードと呼ばれる一口で食べられる物ですが、爪楊枝が刺さっているので手を汚さずしかもサッと味わえてしまえるのが良いんです。さながら大阪名物の串カツのような感じで、一切食事のマナーなんか気にすることなくパクっと食べられるのが人気の秘密なんじゃないでしょうか。使われている食材も海の物から山の物まで多種多様で、私はタコとピーマンのピンチョスが一番のお気に入りなんです。
何と言ってもバルはスペインの居酒屋的存在ですから、固っ苦しい事を一切排除している辺りが嬉しいんです。

ワインなどのお酒も当然入って気持ちよくなりますから、片手でヒョイッと摘めて色んな物を食べることの出来るこのピンチョスという形式は、とても合理的というか食を楽しむための最良の形と言っても良いんじゃないかと個人的には思っているんです。他にも本格的なスペイン料理が提供されていますが、やっぱりピンチョスの手軽さと美味さが一番だと思っているんです。