ステーキハウスに子供達を連れてゆきました

steak05先日、夕食を妻と子供達2人と共に自宅マンションのリビングで食べていたのですが、その時に5歳になる長男がテレビのバラエティ番組に登場したステーキハウスを見て「美味しそう」とぽつりとつぶやきました。
「美味しそう」とテレビ画面を凝視しながらつぶらな瞳でつぶやいた長男の表情を見て、私はハッと気づきました。
これまで子供達に一度もきちんとしたステーキとしての牛肉を食べさせてあげた事がなかったのです。
私はせっかくだからこの機会にと思い、5歳になる長男と8歳になる長女に向かって言いました。
「ステーキを今度食べに行くか。」
すると子供達は「本当?嬉しい!」と歓声を上げ、「ステーキ、ステーキ」と連呼し始めました。
「子供は単純だな。」と私は心の中で思いながら、ステーキハウスはどこにするかを考えていました。

子供達にきちんとしたステーキを食べさせてあげるステーキハウスは、結局私と妻が独身時代に付き合っていた時にいきつけにしていた隣町のステーキハウスに行く事になりました。
3日後の土曜日の夕方に私が運転する車に妻と子供達2人を乗せ、以前妻と私で時折通っていたステーキハウスに行き、本格派のステーキを妻と子供達2人に食べさせてあげました。
子供達は大喜びでフィレ肉のステーキを味わって食べていました。