バルに通う日々

bal5スペインに住んでいた時は、バルによく通っていました。毎日語学学校の休憩時間が30分ありましたから、その時にカフェコンレチェといって、カフェラテを1杯みんなで飲みに行くことが日課でした。
それだけではなく、もちろん夜もバルによく行っていました。

バルでは、必ずビールを頼んでいました。
そのビール、大体地ビールが出されるのです。私の場合、スペインの南部に最初は住んでいたのですが、次にマドリッドの近くの中央部に住んでいましたから、出てくるビールが全然違うものでした。
ちなみにビールの呼び方も変わります。
個人的には南部の物の方がさっぱりしていて、気候も温かいですから、ビールがよく合いました。

そして、バルで欠かせないのは、バル料理です。
これを夕飯がわりにしていた事もよくありましたが、ちょっとリッチなおつまみを食べようと思っている時は、必ず生ハムを頼みました。
元々日本にいる時は生ハムは大嫌いだったのですが、スペインのバルで初めて生ハムを食べた時はこれが本当の生ハムなのかとびっくりさせられたのを覚えています。
そして、普段はタラを煮込んだりしたおつまみ(タパス)を片手にバルでビールを頼むのがほぼ日課で、至福の時でした。