居酒屋の利用シーンの変化について

izakaya5全国には大小さまざまなスタイルで営業している居酒屋が無数に存在しています。
一昔前だと、大人がお酒を飲む場所というイメージが強かったのですが、近年では客層も利用シーンにも変化が出てきています。
特に、最近では小さい子供を持つ家族連れの姿が目立っています。
お店側も子供用のメニューを用意していたり、子供用のスプーンやフォークなどを出してくれるところも増えています。
一昔前なら、団体で貸し切るシーンといえば会社の歓送迎会などが多かったのですが、今は子供を中心としたや行事やスポーツチームの集まりなどで、親子が一緒に食事を楽しむために利用するケースが増えています。
営業時間は、夜だけではなくランチタイムも営業しているところが増加しています。

ランチタイムにはサラリーマンも多く利用していますが、最近多いのが若い世代のママたちがサークルの集まりで利用するケースが急増しています。
乳幼児を連れている場合、居酒屋のような畳のある和室が便利で、仕切りがある部屋だと他の人の視線を気にせずくつろげることが挙げられます。
中には24時間営業をしているところも登場し、話題になっています。
このように、時代と共に営業スタイルも変わってきていることがわかります。