局所排気の装置を付ける目的

15工場内や実験室などにおいては、人体に有害な物質が多く存在します。局所排気の装置を配置する目的は、工場内や実験室などで、人体に有害を及ぼさないように有害な物質を外部に排出する事です。有害な物質は、作業員などの分からない部分から発生していて、気がつかないうちに実験室の内部などが汚染されている場合があります。機能の概要として、有害と思われる物質を局所に集塵するための気流を作って、作業員などに飛散しないようなシステムを利用して、完全に有害物質を装置に集塵する仕組みです。集塵した有害物質は、そのまま排出すると環境などに悪影響を及ぼすので、ダクトを通じて、空気清浄機で有害物質を綺麗にしてから外へ排出します。

局所排気の装置をつける事は、法令によって定められていて、原則的に工場や実験室には、必ず一機の装置をつけておくことが義務となっています。あくまでも工場内や実験室で働く作業員の安全の確保を目的としていて、外部の環境に悪影響を及ぼさないためにも装置による空気洗浄の機能が付いています。装置の仕組みに関して、有害物質が発生した所を察知して、直接的に吸引する形式や少し離れた場所から吸引するシステムなどがあって、実験室などの形状で有害物質を吸引するシステムを変えている所が多いです。