自動車整備士の資格取得について

整備士現在日本で自動車の整備を職業として働いている人は多くいます。そういった人たちの多くが、受験して資格を持っているのが自動車整備士の資格です。この資格は、自動車の整備を行う際に必要な知識と経験が、ある一定レベル以上である事を保障しています。資格の取得の為には、実技試験と筆記試験を通過する必要がある他、どの級を取得するかによって、それぞれ指定の期間の実務経験が必要となります。しかし、この実務経験に関しては、特例も認められています。

自動車整備士資格を取得するときに必要な実務経験については、指定の学校を卒業した場合には、実務経験の代わりとして認定してもらえる仕組みもあります。そういった学校のカリキュラムを終了すれば、自動的に受験資格が得られるわけです。自動車整備士には大きく分けて、1〜3級と特殊という4個に分けられています。また、エンジンやシャシーと言った専門分野の指定もあります。最近では、ハイブリッドカーなどの電気機器を搭載した車に対応した専門分野も用意されています。