今の窓を防音ガラスにしたい

2重窓今の部屋を大きな工事をすることなく、防音にしたいという要望がよくあります。お客様は防音ガラスへの変更をイメージされています。防音ガラスとは、2枚のガラスの間に振動を抑制するフィルムを挟んだ窓ガラスのことで、外からの音が窓ガラスを伝わってくるのを防ぎます。

外からの騒音も中からのピアノの音も、音のほとんどは壁よりも窓から伝わります。ですので防音効果を望むのであれば窓の防音対策を考えるのは正しいのですが、単にガラス板を防音ガラスに変えるだけでは完全な効果は期待できません。それは音はサッシの隙間から伝わってくるためです。

かといって隙間のないサッシに取り替えるのはかなりの工事になります。大抵のサッシは窓の木枠に埋め込まれており、簡単に取り外せるようには出来ていません。そこで防音効果のあるサッシと窓ガラスを、現在の窓の内側につける方法が効果的です。窓には内側に木枠が数センチあります。この部分に内窓を取り付けることで、部屋に出っ張りを作ることなく、2重窓にすることが出来るのです。