多目的トイレ

トイレ最近、駅や人の多く集まる場所のトイレでは男性用と女性用のほかにいろいろな工夫がされた多目的トイレというのをよく見かける。これは障害を持つ人や小さな子供づれの人など、普通の公衆トイレを利用しにくい人たちも使いやすいように工夫したトイレである。

このようにハンディキャップのある人たちも利用しやすいように考えられたものをユニバーサルデザインと呼ぶ。ユニバーサルとは英語ですべての人のためという意味だ。このトイレにはだいたい次のような工夫がしてある。

大きなスライドドアは車椅子にすわったままトイレに出入りできるようになっている。スイッチひとつで開くように電動式になっているものもある。手すりは車いすの人が使いやすいように低い位置につけられている。水を流すなどの操作もワンタッチで出来る位置に操作パネルがつき、何か困ったことがあったときのために非常ボタンも付いている。子供づれのためにおむつを交換できる簡単なベッドのような台がついているが、普段は収納されている。