窓の鍵

クレセント錠一戸建てを購入する際、ドアの鍵がどのようなものであるかを気にしている人は多いと思います。最近ではピッキングに強い鍵やサムターン回しを防止する鍵、1ドア2ロックと呼ばれるドアにふたつの鍵が付いているものなど、防犯性能が高いことをうたっている一戸建ても増えてきています。

しかし窓の鍵がどのようなものになっているかを気にする人はまだまだ少ないようです。窓は普通、クレセント錠という鍵が付いています。これは鍵としての防犯性能はほとんど無く、泥棒にとっては簡単にあけることができる鍵です。鍵というより窓をしっかり締めるだけの仕組みといってもよいでしょう。

こういった現状にも関わらず、窓の鍵を気にする人は少ないのですが、実際には一戸建てへの空き巣侵入はほとんどが窓から行われるのです。一般的に一戸建ての玄関のドアは通りに面しており、泥棒にとってひと目が気になる場所にあります。しかし窓は裏手や塀の影、隣家との隙間などにあるためひと目につかないのです。本来はドアよりも窓を守るべきなのです。