映画トレインスポッティングを見た感想

trainspotting222 (2)映画トレインスポッティングを見た感想を書きたいと思います。
トレインスポッティングは、軽快でテンポがよく、個性的で勢い良く最後まで見せられてしまう映画です。なぜか何回も観たのにまだ面白い不思議な作品。
最近見て、そのせいでトレインスポッティングのTシャツがちょっと気になっています。
舞台はイギリスのスコットランドで、底辺の若者がヘロイン中毒から抜け出そうと必死でもがくという物語です。

登場人物の個性がまた面白く、白い粉にはまって更生への道を目指すユアン、007おたくのシックボーイ、すぐ暴れる喧嘩っ早いベグビー、
スピードをやって就職面接に行くスパッドと厄介な面子ぞろいです。
ベグビーが酒場で騒ぎを起こすシーンを見ていて、思わずチャンネルをいじる指が止まった。昔、初めてこの映画を見たときは意味がよく分からなかったけど、浪人時代に再度見直して、なぜこの映画がこんなに評価されているのか理解できた。
破滅的なストーリーですが、ラストシーンが清々しくてパワーが沸いてきます。
面白くて凝った映像や、BGMの選曲も良いです。
未見の方は是非みるべきだ。
トレインスポッティングを見た感想でした。