リフォーム業界についてこれだけは知っておこう

reform (16)

新築の片手間仕事にしかすぎなかったリフォームが、ひとつの産業として認識されるようになったのは、70年代後半。リフォームの歴史は非常に浅いのです。
リフォームの市場規模の推移、住宅リフォームの市場規模は、新築のように建築確認申請を必としないため、調査機関によってバラつきがあり、はっきりとは把握できていません。
時系列で推移のわかる(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる推計額は、2004年で6兆5600億円です。リフォーム市場は、90年代半ばまでほぼ順調に拡大し、1996年の9兆600億円をピークに、その後、足踏み状態が続いています。
しかし、住宅市場全体からみると、新築が伸び悩むなかでリフォームの割合は徐々に高まっています。新築とリフォームの割合は今や3対1。今後10年ほどで、リフォーム市場は新築市場を追い越すとまでいわれています。
2000年に施行された住宅品質確保促進法によって新築住宅の「10年問の暇疵担保責任」「住宅性能表示制度」が導入され、2002年には建設リサイクル法も施行されました。国として、良質な住宅を建設し、適切な維持竹理を実施することで住宅の長寿命化を図ろうとしているのです。