塗装方法

塗装建築現場を見ると、外壁を仕上げるのに、窓枠の養生をしている人、ローラ塗りをしている人、吹付け作業をしている人などさまざまです。
一方、車の補修塗装現場を見学すると、打痕部分の塗膜をザンダーで削り取っている人、パテ付け、研磨、プラサフの吹付け塗り(エアスプレー)をしている人など、塗装という作業には沢山の技能が駆使されています)。
「塗装方法を知ろう」という項目では、塗るという方法にはどのような方法があるのか、各方法はいかなる原理で被塗物表面を被覆するのか、さらには、その原理を利用する技能の巧みさについて解説します。単に塗り広げるだけの操作は塗装とはいえません。でき上がった塗膜が被塗物に良く付着し、期待された機能を果たすには被塗面との間にすき間があったり、塗膜に穴やはじきなどの欠陥があってはなりません。塗装方法は進歩してきました。
明治維新前後の塗料は漆や乾性油、あるいはボイル油をベースとした油性調合ペイント(洋式ペイント)であったため、はけとヘラがあれば塗装で困ることはありませんでした。ところが、速乾性のニトロセルロースラッカーが出現する。